2019年度第1回東日本エリア会議

2018年12月9日にアズビル東北支店さま(仙台)の会議室をお借りして、第1回東日本エリア会議を開催しました。17単組18名の皆さんにご参加いただき、様々な議論を行うことができました。

単組報告での特徴としては、各社の業績は増収増益から減収減益までまちまちで、同じ電子機器でスマホの部品を扱っていても、機種の違いによって明暗がはっきり分かれてしまうという、業種全体で語れる時代ではなくなっているという印象を受けました。また、組合としては来春から施行される働き方改革関連法への対応として労使で議論を行っているものの、対応の仕方も企業によって様々で、色々と参考になる話を聞くことができました。

テーマ別ディスカッションでは、やはり働き方改革関連法への対応について、5日の有休取得や時間外削減についての話から、組合としての総合福祉、慶弔金、時短勤務、海外赴任者対応、シフトカレンダ、周年記念行事など多岐にわたり、各単組の特徴的な取り組みなど、様々な情報交換をすることができました。

また、大変恐縮ですが、またしても会議風景の写真を撮り忘れてしまいました。申し訳ございません。会議はまじめに行っております!

会議の後、仙台といえば「牛たん」ということで、恒例の牛たん祭りを実施しましたが、祭りには程遠い量しか出てこず、祭りは始まる前に終わり、仙台の夜は更けて行ったのでした…

2019年度第1回労使研修会について議論する-2019年度第1回労使幹事会(2018.11.30)

 2018年11月30日(金)月の栖 熱海聚楽ホテル(静岡)にて、2019年度第1回労組三役会議(参加者7名/9名中)・労使幹事会(労側7名/9名中、使側6名/9名中)・労組幹事会(11名/18名中)・使側情報交換会(6名/9名)を開催しました。
 2019年度初めての労使研修会の内容について、主に議論を行いました。2018年度の労使研修会のアンケート調査より、人事制度の運用や改定を行っている中での評価の納得性や公平性などへの悩み声も多く、2019年4月に改正される働き方改革法案への対応も踏まえながら、日本における人事制度の課題を人材マネジメントの視点を踏まえた内容の講演を企画することとしました。電機部会に加盟する多くの皆さまの参加を期待しています。(記:事務局長 八木佳紀)

<第1回労使幹事会議案>
1.報告事項
(1)JAM電機部会第20回総会・労使会議第19回総会
2.協議事項
(1)2019年度第1回労使研修会について  
(2)電機部会結成20周年記念事業について
(3)2019年度 機関会議日程について

<今後の会議予定>
●2019年度第1回東日本エリア会議
 ・日時:2018年12月9日(日)13:15~10日(月) 
 ・会場:アズビル株式会社東北支店

●2019年度第1回西日本エリア会議
 ・日時:2018年12月12日(水)12:45~
 ・会場:寺崎電気産業株式会社・テラサキ労働組合

●2019年度第2回中部エリア会議
 ・日時:2019年1月20日(日)PM 
 ・会場:愛知県名古屋市内

〇2019年度第1回労使研修会
 ・日時:2019年1月27日(日)13:00~17:00
 ・会場:友愛会館(東京・JAM本部)

〇2019年度第2回労使幹事会(労組三役会・労側幹事会・使側情報交換会)
 ・日時:2019年4月3日(水)PM
 ・会場:友愛会館(東京・JAM本部)

企業内託児施設を見学する-第20回総会企業見学(2018.10.29)

 JAM電機部会第20回総会・労使会議第19回総会を開催した翌日、電機部会に加盟するCKD労働組合の皆さま、CKD株式会社の皆さまにご協力いただき、CKD株式会社本社(愛知・小牧市)を見学させていただきました。
 2018年度第1回労使研修会で、「働き方・労働環境への対応事例報告」ということで、CKD株式会社の方から「企業内託児所」についての取り組みをご報告いただきました。2018年4月より託児所が開所されたこともあり、見学させていただくこととなりました。

 女性活躍推進行動計画における“女性の継続雇用の割合を60%以上にする”取組みの一環として、企業内託児所を設立されたということです。託児所は「’ohana nursery school」と命名され、入所者は従業員の家族であり会社の家族であるとの思いを込めていらっしゃるそうです。
 木造の暖かさ、大きな窓による自然な光を感じながら、見学させてもらったと共に、食堂で昼食をご馳走になりました。改めまして感謝いたします。(記:事務局長 八木佳紀)

参加者集合写真

参加者集合写真

参加して良かったと思える活動を-電機部会第20回総会・電機部会労使会議第19回総会(2018.10.28)

 2018年10月28日(日)TKPガーデンシティPREMIUM(愛知・名古屋)にて、JAM電機部会第20回総会・電機部会労使会議第19回総会を開催しました。
★参加人数★
【部会第20回総会】労側:32単組・49名
【労使会議第19回総会】労側:32単組・49名、使側:12企業・12名

●第20回総会
 今回の総会には、安河内JAM会長がお越しになり、ご挨拶頂きました。「大川部会長がこの総会にて退任される予定と聞いている。18年前に書記長会議でお会いした以来のお付き合いであり、長年のJAM運動への参画に敬意を表したい。いよいよ2019春闘の方針議論が始まった。大手追従からの脱却、個別賃金要求を前に押し出すこと、中小企業が儲かる状況をつくるために公正取引の課題を解いていくこと、これが連合方針の中心となる。」
 大川部会長からは、「「まじめさ、楽しさ、盛り合わせ」を持ち、より多くの単組が参加できるよう皆で取り組んできた。私は、単組事情により、この総会をもって退任する予定である。この間の自然災害により被災された方にお見舞い申し上げたい。防災に対する考えが高まってきている。自助・共助・公助の三助は欠けてはいけない。これを労働運動に置き換えれば、自単組の取り組み・共済や部会活動・国への代弁者をつくることである。各単組の活性化が部会の活性化につながる。皆と発展していくことを確認し合いたい。」とご挨拶がありました。
 2019年度活動方針・活動計画は、2年単位での活動がベースであるため2018年度を踏襲する形となり、「引き続き加盟単組が参加して良かったと思えるような活動に取り組む」ことを確認し、他の議案(文末参照)についても満場一致で確認されました。

●労使会議第19回総会
 冒頭、大川労側代表幹事より「労使向かい合って課題に対して共に取り組んでいることと思う。労使は違った視点や考えを持っており、使側には、引き続き労側の現場の声を聴いてもらいたい。労働時間に関する法律も改正される。36協定について労使でしっかりと議論をお願いしたい。」とご挨拶がありました。
 また、加藤使側代表幹事より「1年間貴重な場を作ってもらったことに対し、労側の皆さんに感謝したい。特に労使研修会はありがたいものであり、このような場を提供できる労使会議でありたい。環境が変わっていく中で取り残されないよう、今後もこの部会における情報交換に期待したい。」とご挨拶頂きました。
 全ての議案については満場一致で確認されました。

 本総会をもって、労側2名の方が退任されました。これまでの部会におけるご活躍に感謝いたします。
<労側>部会長:大川尚之様、幹事:内山貴之様
 本総会は、中部エリアの皆さまに企画・運営頂きました。ありがとうございました。(記:事務局長 八木佳紀)

【JAM電機部会第20回総会】
-報告-
(1)2018年度活動報告
(2)2018年度一般会計・分担金会計・特別会計報告
(3)2018年度分担金会計・特別会計 監査報告
-議案-
(1)2019年度活動方針・活動計画に関する件
(2)2019年度予算に関する件
(3)役員交代に関する件
(4)表彰に関する件

【JAM電機部会労使会議第19回総会】
-報告-
(1)2018年度活動報告
-議案-
(1)2019年度活動方針・活動計画に関する件
(2)役員交代に関する件

2018年度活動を振り返る-第3回労使幹事会(2018.9.5)

 2018年9月5日(水)東京・友愛会館にて、2018年度第3回労組三役会議(8名/9名)・労使幹事会(労側8名/9名、使側5名/9名)・労組幹事会(13名/18名)・使側情報交換会(5名/9名)を開催しました。台風21号の影響が残る中、参加されました。会の冒頭、代表幹事からご挨拶がありました。
・大川労側代表幹事
「JAMは田中ひさやの取り組みを展開しており、各組織では政策実現活動を行う理由を話してまわっている。会社の代表者の皆さまがいらっしゃるが、先頭に立ってという訳ではないが、この労働組合の活動にご理解を賜りたい。」
・加藤使側代表幹事
「昨日は台風の接近により午前中のみの業務となった。日中に名古屋に台風が来るのは久しぶりであり、改めて怖さを感じた。会社としての被害はないのが幸いで阿多。家では、保育園が休みになった子どもが、パワーを持て余しているため銭湯に行ったが、人が多かった。停電の影響と思われる。皆様のご無事を祈りたい。」

 報告議案では、第2階労使研修会について振返りました。「モノサシがない日本の労働市場 -公正な労働取引の理論-」をテーマに掲げた講演会について、講演後のアンケートでは「人材マネジメントの基礎的な理論を楽しく学ぶことができた」、「人事制度は一貫性が大事」、「非常に難しい内容であると思う。こういった内容こそ横の情報交換が有効だと思う。」などの意見が寄せられました。今後の研修会で取り上げたいテーマとして、「今回のテーマの再講演」、「衡平理論」があがっており、これら内容での実現性について検討していくこととしました。

<第3回労使幹事会議案>
1.報告事項
(1)第2回労使研修会
(2)JAM電機部会新加盟単組
2.協議事項
(1)第20回総会、第19回労使会議総会に向けて
(2)2019年度役員体制について
(3)2019年度第1回三役・幹事会、労使幹事会について

<今後の会議予定>
●JAM電機部会第20回総会・労使会議第19回総会
 ・日時 2018年10月28日(日)13:00 ~ 29日(月)12:00
 ・会場 TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー
 ※29日はCKD株式会社様の事業所見学の予定です。

JAM電機部会第3回西日本エリア会議

2018年8月24日(金)三菱自動車工業京都製作所様にて、第3回西日本エリア会議を開催いたしました。前日は台風20号が近畿地方を直撃し、開催も危ぶまれましたが、当日は、一部分での交通機関の乱れは発生いたしましたが、晴天にめぐまれ、9単組、15名の方にご参加いただき、工場見学、各単組状況報告、意見交換会を行いました。

今回御協力いただきました、三菱自動車工業労働組合京都支部の皆様には、大変お世話になりました、御礼申し上げます。 最初に、開会の挨拶を西日本エリア議長と、三菱自動車の管理部長様、労働組合支部長様よりいただき、会がスタートいたしました。会社紹介では、DVDを視聴しながら、御説明いただきました。三菱自動車京都製作所は、1944年に設立され当時は、戦闘機のエンジンも製作されていたそうです。京都の街中に20万1千平米の大きい敷地で、まわりはすべて住宅地になっており、環境と社会貢献を積極的に取組んでおられるそうです。工場見学では、その大きな敷地内で製作されている、さまざまなエンジンの部品から、加工、組立まで、通常の見学コースとは違う特別コースを、約1時間見学させていただきました。作業員一人ひとりの熱意と、力強さを感じ取ることができました、これぞものづくりの現場だ!を体験させていただけたと思います。

各単組の状況報告会では、短い時間ではありましたが、各単組の現状を報告していただきました、今回参加いただいたほとんどの単組で、昨年同様好調であること、又、各単組よりアドバイスや、意見交換を実施し、共有を図ることができました。会議後の懇親会では、焼肉の食べ放題、、異国情緒あふれる会場で開催した、交流会で大変盛り上がり、西日本エリアの結束を図れた有意義な会議開催でした。

 

2018年度第3回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は、9月1日(土)に11単組17名が参加し、2018年度第3回目の会議を浜松市内で開催した。冒頭の挨拶で大川部会長は、「田中ひさや氏必勝に向け、我々が伝道師となり、部会として本部・地方JAMとの連携を図っていく」と組織内議員の必要性を強調した。また、今期限りでJVCケンウッド労組の執行委員長を退任し、それに伴いJAM電機部会の部会長も退任するとの話があった。挨拶が終わると、3年に亘る部会長のご尽力に感謝し、全員より拍手が送られた。
企業・単組状況報告では、出席の11単組より報告があり、昨年度の決算に続き、7割の単組が、引き続き好調との報告があった。また、各組織より出された課題での意見交換では、赴任時における家族同伴の有無や、障がい者雇用の状況、住宅手当、定年延長・再雇用者の手当について各単組の状況を確認した。特に住宅手当については、導入の有無が二極化しており、過去の経緯や運用の条件など、活発な意見交換がされた。
会議後には懇親会を行い、執行部のなり手不足など、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。

2018年度第3回東日本エリア会議

2018年8月5日~6日に東京・錦糸町の貸会議室にて、第3回東日本エリア会議を開催しました。
11単組11名の皆さんにご参加いただき、様々な課題や疑問について議論を行いました。

単組報告での特徴としては、今期改選期を迎える単組が多く、新体制で運動方針を見直していたり、ベテラン執行委員が退任されて引継ぎの不安が大きいといったところが多かったです。

 

テーマ別ディスカッションでは、「争議資金の積み立て」、「執行部の世代交代引継ぎ」、「一時金の業績連動算出」、「法律改正に対する36協定改定」、「組合で取り組む共済活動」などについて、各単組の状況を紹介し合い、自単組の取り組みへのヒントを得ることができました。

また、2日目は本所防災館で防災体験ツアーに参加しました。

大震災に備えるための知識(ビデオ)、地震体験、暴風雨体験、消火体験、都市型水害体験の順に体験をしました。地震体験、暴風雨体験では、実際に巨大地震や暴風雨に遭ってしまった場合、最中は何をすることもできないということを身を以って体験し、地震の後は火を消し、逃げ道を確保することが大事であること、水害発生時は地下にいては危ないことなど、知っているようで知らないことがたくさんありました。災害発生時は自助、共助で生き延びるため、日ごろから個人的にも近所の方とも訓練しておくことが必要であることを学びました。

今回は東京開催ということで、特別な祭りを考えてはおりませんでしたが、お肉のお店を予約して肉祭りを実施しました。

モノサシがない日本の労働市場-2018年度第2回労使研修会(2018.7.22-23)

2018年7月23日(日)愛知・ホテルマイステイズ名古屋栄 、24日(月)愛知・ホシザキ株式会社にて、2018年度2回目の労使研修会を開催しました。

・スケジュール
7月22日  講演会・(労使)情報交換会:ホテルマイステイズ名古屋栄
7月23日  工場見学:ホシザキ株式会社本社工場

<<講演会開催の主旨>>
 2016年9月内閣府に「働き方改革実現推進室」が設置され、これに呼応する形で企業においても“働き方改革”を取り組み始め、個人の業務効率を高めるといった時間単位当たりの生産性向上や、労働時間削減にフォーカスされ過ぎている雰囲気を感じます。もちろん“働き方改革”を通じ生産性を向上することは、労働時間というコストが削減する企業メリットと、自分時間の創出という労働者メリットにつながります。しかしながら、個人に委ねすぎた“働き方改革”には限度があり、働きがいとの併存が難しくなってしまうのではないでしょうか。
 ご講演いただく講師は、日本版O-NETと呼ばれる、AI等の成長分野も含めた様々な仕事の内容、求められる知識・能力・技術、平均年収といった職業情報を提供するシステム構築の検討会に参画された経験をお持ちであり、本質的なマネジメントについても、私たちの見地を広める機会となります。
 企業に勤める誰もが、楽しく、やりがいを持って働くことが、私たち労働者にとっても企業にとっても良い影響を与えることに間違いはありません。本講演が皆さまの組織の発展につながることを期待しています。

●講演会テーマ「モノサシがない日本の労働市場 ~公正な労働取引の理論~」
【何かヘンな日本の労働状況】
 ・先進国最低レベルの労働生産性と賃金水準
 ・働き方改革のイマイチ感
   >体系性のない場当たり的議論?
    (cf.同一労働同一賃金、労働時間短縮、高プロ制度etc.)
   >生産性向上の筋道をしめさず、企業への規制強化ばっかり?
【講演のポイント】
 1.公正な労働取引の仕組み=労働市場とは何か?
 2.そこで交換されるものは何か?
 3.プレーヤーである国・企業・組合・個人の役割と関係は?

●労側情報交換会「本日の講演を聞いた感想や単組状況情報交換」

●使側情報交換会

●工場見学会
2日目は、ホシザキ株式会社本社工場を見学させていただきました。本社工場では、主に大型冷蔵庫を製造されており、従業員の皆さまのスピーディな動きや自動運搬機の大きさに感動の声があがりました。

【参加者】
<労側>26単組・35名 <使側>12企業・12名

準備・運営いただきました中部エリアの皆さま、工場見学を引き受けていただきましたホシザキ株式会社の皆さまへ感謝申し上げます。(記:事務局長 八木佳紀)

2018年度第2回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は、5月11日(金)に10単組13名が参加し、2018年度第2回目の会議を名古屋市内で開催した。冒頭の挨拶で八木事務局長は、「春闘は、賃上げ平均額が2015年に次いで2番目に高い数字となっている。特徴としては、300人未満の組織が全体平均より40円程上回っており、中小組織の取り組みが目立っている。また、政府の動向もあり、定昇を含めキッチリ3%で妥結している組織が散見されており、政府の考え方などの雰囲気が漂っている」と述べた。また、来年の参議院選挙にも触れ「田中ひさや氏の支持政党はまだ決まっていない。連合の動きを見ながら決めていくが、我々としては、組合員と田中ひさや氏の距離を縮めていくことが重要」と強調した。
企業・単組状況報告では、出席の10単組より報告があり、昨年末からこの春にかけての決算期では、7割の単組が、過去最高益や好調との報告を会社より受けているとの話があった。好調さに付随して、春闘の賃上げや一時金の月数も増加傾向にあり、企業業績の好調さが伺えた。また、家族手当から子ども手当への見直しを図っている単組も散見され、労働諸条件などの情報交換も積極的に行われた。
会議後には懇親会を行い、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。