東日本エリア会議

  • 2018年度第3回東日本エリア会議 2018年8月27日 2018年8月5日~6日に東京・錦糸町の貸会議室にて、第3回東日本エリア会議を開催しました。 11単組11名の皆さんにご参加いただき、様々な課題や疑問について議論を行いました。 単組報告での特徴としては、今期改選期を迎える単組が多く、新体制で運動方針を見直していたり、ベテラン執行委員が退任されて引継ぎの不安が大きいといったところが多かったです。   テーマ別ディスカッションでは、「争議資金の積み立て」、「執行部の世代交代引継ぎ」、「一時金の業績連動算出」、「法律改正に対する36協定改定」、「組合で取り組む共済活動」などについて、各単組の状況を紹介し合い、自単組の取り組みへのヒントを得ることができました。 また、2日目は本所防災館で防災体験ツアーに参加しました。 大震災に備えるための知識(ビデオ)、地震体験、暴風雨体験、消火体験、都市型水害体験の順に体験をしました。地震体験、暴風雨体験では、実際に巨大地震や暴風雨に遭ってしまった場合、最中は何をすることもできないということを身を以って体験し、地震の後は火を消し、逃げ道を確保することが大事であること、水害発生時は地下にいては危ないことなど、知っているようで知らないことがたくさんありました。災害発生時は自助、共助で生き延びるため、日ごろから個人的にも近所の方とも訓練しておくことが必要であることを学びました。 今回は東京開催ということで、特別な祭りを考えてはおりませんでしたが、お肉のお店を予約して肉祭りを実施しました。
  • 2017年度第3回東日本エリア会議 2017年9月6日 2017年8月6-7日に大阪にて第3回東日本エリア会議を開催し、10単組12名にご参加いただきました。 1日目はJAM西日本会館にて、7月に実施した第2回労使研修会の報告と参加単組の近況報告ならびにテーマ別ディスカッションを行いました。近況報告では、会社状況や各単組の働き方改革への取り組みなどをご報告いただき、テーマ別ディスカッションでは、年次有給休暇の取得率向上、積立休暇制度の比較などについて議論しました。各社、日数や使用条件にて独自の制度設計されており、勉強になりました。 2日目は堺市にあるシマノ本社工場を見学させていただきました。台風が接近する中、電車とバスを乗り継いでやっと辿り着いたその工場は、工場というよりも美術館といった趣の広いエントランス、幅が20mほどある木張りの階段を降りると、裏側にある小型のシアターのような部屋に案内され、創業から現在の工場の姿になった変遷を会社概要映像でご説明いただきました。 その後、構内の見学となりましたが、文字通りガラス張りの工場内部は究極に自動化され、ほとんど人の姿がなく、部品や完成品の無人搬送車が走り回っていました。また、板金、鍛造などを行う工程があるのに、室温が26度に保たれているという環境も人に優しいものでした。屋上にはハーブが植えられ、外部通路はウッドデッキと、デパートの屋上と見紛う景色が広がっていました。 自転車通勤を推奨されているということで、1Fの一角には室内駐輪場があり、シマノパーツで組み上げられた高価な自転車も数台見受けられました。 今まで見てきた工場とのギャップに終始圧倒され、まともに質問も挙げられないという恥ずかしい思いをしました。 全ての工場のあるべき姿ということはないとは思いますが、一つの理想形ではないかと思います。
  • 2017年度第2回東日本エリア会議 2017年4月13日 2017年4月9日(日)、宇都宮のリッチモンドホテルAnnex会議室にて、第2回東日本エリア会議を開催しました。 総勢14単組17名にご参加いただき、様々なテーマで議論を行いました。また、今回初めてコロナ労組から女性の参加者にお越しいただきました。 議題としては、業種別部会政策責任者会議報告、各単組より春闘状況報告、改正労働契約法(5年無期雇用ルール)への対応、定年再雇用者の賃金見直し、インターバル規制の取り組み、時間外勤務削減の取り組みに関して、有意義な意見交換を行いました。 会議終了後は餃子の街宇都宮にて餃子祭りを開催しましたが、中華料理屋の餃子であったことから、皆さん微妙な反応でした。次回は本場宇都宮の餃子祭りでリベンジしたいと思います。 ※会議中の写真撮影を失念しましたので、餃子屋の看板を。次回はこのお店に行こうと思います。
  • 2017年度第1回東日本エリア会議 2016年12月20日 2016年12月18日にアズビル東北支社(仙台)の会議室をお借りして、第1回東日本エリア会議を開催しました。16単組17名の皆さんにご参加いただき、中身の濃い議論を行うことができました。 単組報告での特徴としては、今期の会社業績について一概に厳しい状況であり、下方修正を行ったところも多いものの、昨今の円安状況で変化してして来ているところもあるとのこと。組合としては、共通して育児介護休業法改定の対応がほぼ済み、女性執行委員の擁立を進めつつある単組が目立つ一方、構造改革によって希望退職等を余儀なくされるという厳しい単組も出ていました。 テーマ別ディスカッションでは、「残業削減、有休取得促進の取り組み」、「シニア社員制度の見直し」について、各単組の状況を紹介し合い、自単組の取り組みへのヒントを得ることができました。例えば、既に在宅勤務を実施している企業もあり、働きやすい勤務形態の参考になり、シニア社員については、シニア社員の役割をハッキリさせることが大事だという意見と今後の定年延長に繋げて行く手立ての話が出ました。 会議の後、仙台といえば「牛たん」ということで、忘年会を兼ねて牛たん祭りを実施し、大いに盛り上がりました。
  • 第3回東日本エリア会議実施 2016年8月30日 8/28(日)-29(月)に第3回東日本エリア会議を実施しました。 今回は伊勢崎のサンデン労組組合事務所をお借りして、労使研修会の報告、次回総会の相談、単組報告、意見交換を行いました。 残念ながら、単組行事や大会準備等で9名のみの参加でしたが、その分、記録文書に残せない程の非常に濃度の高い話し合いを行いました。 翌日はサンデン歴史館(創業者の生家)を見学させていただき、サンデンの沿革に触れ、創業者の牛久保海平氏の人の和を尊ぶ姿勢に感銘を受けました。