2019年度第2回JAM西日本エリア会議

2019年4月16日(火)にテラサキ電気労働組合様にてJAM電機部会2019年度第2回西日本エリア会議を開催いたしました。当日は、天候にも恵まれ、春の暖かい日差しを感じる食堂横の会議室にて、9単組13名の方に参加頂き、各単組の春闘状況報告ならびに意見交換会を実施いたしました。会議開催日まじかまで、春闘交渉で大変な折にもかかわらず、テラサキ電気労働組合様には、御協力頂き、ありがとうございました。

今回の会議では、最初にJAM本部より、春闘状況全体についてと、政策実現についての報告をしていただきました。その後情報・意見交換会では、初めてエリア会議に参加するメンバーがおられましたので、自己紹介を含めた各単組の春闘状況や働き方改革関連法に伴う春闘付帯要求などについて意見交換をしていただきました。話題に上がった件名は、年次有給休暇5日間取得について、時間単位での有給休暇について、各種手当の見直しに関する取組について、定年延長、再雇用について、などの、課題や問題点などが報告され、各単組では、どのように取組んでいるのか、意見交換、情報共有を行いました。

会議の後、懇親会をテラサキ労働組合事務所にて実施いたしました。焼肉、しゃぶしゃぶ、お鍋、から揚げ、サラダ、焼そばなどを、組合長を中心に手作りして頂き、できたて熱々を、お腹いっぱい美味しく堪能させていただきました。最後に応援用ミニ動画を撮影して、大変盛り上がり、西日本エリアの結束を図れた、有意義な会議開催でありました。準備していただいたテラサキ労働組合の皆様には、大変感謝いたします。ありがとうございました。

2019年度第2回労使研修会の開催地が長岡市に-2019年度第2回労使幹事会・労組三役会・労組幹事会(2019.4.9)

 2019年4月9日(火)JAM本部会議室(東京)にて、労使幹事会をはじめとした諸会議を開催しました。
【参加者数】
<労使幹事会>労側:9名/9名中、使側:7名/9名中
<労組三役会>9名/9名中 <労組幹事会>14名/18名中
 本会議では、2019年1月27日に開催した第1回労使研修会の振返りを行い、主に参加者みなさんのアンケート結果を確認しました。「衡平理論」、「関係的報酬」、「能力の高原プラトー」といったキーワードに共感する意見や、「人事制度には一貫性が大切である」こととの自組織とのギャップを感じた意見などがあがり、研修会の内容について97.6%の方が”良い”と記入されていました。また、時間に限りがあり、「手続き的公平さの考え方」や「衛生要因」について、もっと詳しく聞きたいという回答もありました。
 また、主な協議事項としては、第2回の労使研修会の日程・会場・研修会内容について議論しました。今回は西日本エリアが担当です。日本三大花火大会の一つ、長岡花火は昭和20年8月1日の長岡空襲、2004年中越地震・2007年中越沖地震などに対し、鎮魂・慰霊、平和への祈り、復興を記念するための花火大会です。JAM組合員においても、自然災害によって2名の組合員の尊い命を失い、多くの被災者が発生しました。この長岡花火の鑑賞、自然災害への備えの講演を通じ、組合員に何らかのメッセージを伝えるきっかけになる研修会とすることを決定しました。

<第2回労使幹事会議案>
1.報告事項
(1)JAM電機部会第1回労使研修会
2.協議事項
(1)2019年度第2回労使研修会
(2)JAM電機部会結成20周年記念事業
(3)今後の機関会議日程

《今後の会議日程》
●JAM電機部会第2回労使研修会
 ・日時 2019年8月3日(土)13:00 ~ 4日(日)朝解散
 ・会場 寺泊岬温泉ホテル飛鳥

●JAM電機部会第21回総会・労使会議第20回総会
 ・日時 2019年10月27日(日) ~ 28日(月)
 ・会場 東京都もしくは神奈川県(検討中)

 なお、報告が遅くなりましたこと、お詫びいたします。(記:事務局長 八木佳紀)