2017年度第3回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は9月10日(日)に、11単組15名が参加して、2017年度3回目の会議を名古屋市内で開催した。
冒頭の挨拶で大川部会長は、「先般の定期大会で安河内氏が新たにJAM会長に就任し、新体制がスタートした。また、第25回参議院比例選挙での組織内候補者として、田中ひさや氏を擁立していくことを決定した。地方・部会としても当選に向けた工夫をし、何としても当選させなければならない。一方、働き方改革関連法案に関しては、高度プロフェッショナル制度、裁量労働制度の拡大など、JAMとしても反対署名などの活動を展開していく。組合員の健康を守ることが第一である」と述べた。
その後の企業・単組状況報告では、出席の11単組より報告があり、予定時間をオーバーする3時間にも亘り意見交換がされた。内容としては、少し前に話題となった就業前のラジオ体操の開始時間や、パートの雇止め、再雇用者の組合員化、転勤規定、家族(扶養)手当、Jアラートへの対応、参議院選挙の考え方など、各単組より共有話題が提案され、それぞれの単組の現状を報告するなど情報交換を行った。会議後には懇親会を行い、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA