第1回労使研修会

2月6日に第1回労使研修会をJAM本部で開催いたしました。当日は労側30名、使側12名の参加があり、現在ガイドラインが策定され労使共にホットな話題となっている『働き方改革〜同一労働同一賃金』について東京大学 社会科学研究所の水町勇一郎教授をお招きしご講演いただきました。正規といわゆる非正規の差をどのように解消していくのか、現場の課題を見据えながら労使ともに考えていかなければなりません。改めて課題意識を持ち誠実にそして着実に組合員はもちろん働く方々の期待に応え、安心して働ける社会を実現していかなければならないと感じました。参加されたみなさまありがとうございました。共に頑張りましょう。(事務局長 井上信治)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA