2021年度第1回西日本エリア会議

2021年1月27日(水)に7単組10名が参加しJAM電機部会2021年度第1回西日本エリア会議をUEB(ZOOM)にて開催いたしました。冒頭に仁木議長より、先週行われた第1回労使研修会の内容に触れられ、西日本エリアとして、一段と結束を強めようと、開会のご挨拶を頂きました。続いて、熊谷部会長より、コロナウイルス感染者数がなかなか減少しない、大変な状況下でありますが、組合活動をしっかりと推進していただき、電機部会の活動も、いろいろと工夫を凝らしてやって行きたいので、ご協力を願う旨が伝えられました。又、事務局の伊藤さんからの報告では、中央委員会についてのトピックス2件(春闘・政治)についてと、経労委報告、最賃、労使研修会などについてお話しいただきました。その後の会議では、春闘に関する内容についての、各単組からの状況を報告していただき、意見交換を実施し情報の共有を図りました。意見交換内容では、賃金制度(一時金と本給の配分、等)の見直しや、女性活躍推進、スマートワーク(時間管理:会社、組合、上司、本人での話し合い)、組合活動についてなどで、活発な意見交換を実施いたしました。コロナ禍と、会議開始が18:00と遅くからでしたので、短時間にて会を終了する予定でしたが、気が付けば、19:40とあっと言う間に時間が過ぎていましたので、最後に、松本事務局長より、先行き不安感があるこのような状況だからこそ、組合の力を発揮していただき、組合員の思いをしっかり、要求に取り込んでいただき会社に、現場の声、思いをぶつけてもらいたい。と締めの挨拶をいただき、エリア会議を終了致しました。今回ご参加の皆様、遅くまでありがとうございました。この状況が早く収束し、又、電機部会ならではの、「顔合わせ」「心合わせ」「しあわせ」「まじめさ楽しさ盛り合わせ」が早期に実現できるようになる事を、祈念いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA