魅力ある部会活動を継続する-電機部会第21回総会・電機部会労使会議第20回総会(2019.10.27)

 2019年10月27日(日)パシフィコ横浜・会議センター(神奈川・横浜)にて、JAM電機部会第21回総会・JAM電機部会労使会議第20回総会を開催しました。
★参加人数★
【部会第21回総会】労側:32単組・47名
【労使会議第20回総会】労側:32単組・47名、使側:10企業・13名

●第21回総会
 総会に先立ち、熊谷部会長より挨拶がありました。「この2カ月の間に台風15号、台風19号が発生した。被災された企業、従業員の皆さんにお見舞いを申し上げる。自分も避難指示があり学校に家族で避難した。東京の西多摩エリアでは道路が寸断されている地域もある。支援の輪を広げていきたい。8月の労使研修会で災害に対する備えについて学んだが、その甘さを認識させられた。部会としては、まずは顔合わせからはじまり、心合わせ、いろいろな合わせ技を組み合わせてきた。皆さんのおかげである。今後もこのコンセプトを継続していきたい。」
 また、JAMより安河内会長にお越しいただき、次のご挨拶を頂きました。「一連の自然災害で亡くなられた方、被災された方へお見舞い申し上げる。JAMではいないが、連合では3名の方がなくなっている。千葉の大雨災害を含まないデータだが、JAM内で9単組が臨時休業となってしまった。今後のボランティア活動への協力をお願い申しあげる。自然災害が増えているが共済への加入が増えておらず、考えていかないといけない。JCM内の企業状況は、米中問題も要因として非常に厳しい。また消費税増税含めて物価も上昇している。これに対応しないと賃金制度が劣化してしまう。運動論としては、昨年同等水準の春闘を進めていくべきであろうと考えている。JAM結成20周年を迎え、服部初代JAM会長の「攻めは求心・守りは離心」という言葉をしっかりと噛みしめ前に進んでいきたい。」


 本総会では主に2020・2021年活動計画が議案の中心となりました。これまで電機部会は、魅力ある部会活動として「顔合わせ」から始まり、「心合わせ」、「力合わせ」、「しあわせ」、「(まじめさ楽しさ)盛り合わせ」と発展を遂げてきました。エリア会議を中心とし、加盟単組が参加しやすい環境づくり、参加した単組が良かったと思えるような活動に取り組んでいくことが、満場一致で可決されました。同様に、他の議案(文末参照)についても満場一致で確認されました。

 なお、本総会を持って、電機部会の役員を3名の方が退任されました。
副部会長:増戸将人さん、幹事:中島悠策さん、会計監査:佐々木裕也さん
これまでの部会におけるご活躍に感謝いたします。

●労使会議第20回総会
 冒頭、熊谷労側代表幹事より「この間の台風15号、台風19号による単組、企業の被災に対し心よりお見舞い申し上げる。台風15号が直撃し、自単組の大会が出席者が半分以下となり成立要件を満たさず延期することとなった。電機部会は20周年を迎えた。ひとえに皆さんのおかげである。まじめさ、楽しさ、盛り合わせが、参加するモチベーションとなっているだろう。この活動を続け、一緒に活動していきたい。」とご挨拶がありました。
 また、加藤使側代表幹事より「この間の地震、台風、大雨で被災された方々の一日も早い復興をお祈りしたい。このように暗い話題が続く中、この横浜ではラグビーを楽しむことができた。過去、サッカーでは選手に対する非難の声があがることがあったが、今回のラグビーではなかった。この総会で使側の代表幹事を退任することとなるが、今後も部会を盛り上げていきたい。」とご挨拶頂きました。
なお、全ての議案については満場一致で確認されました。


 また本総会にて、4名の方がご退任されました。
労側幹事:増戸将人さん
使側幹事:熊澤和信さん、佐藤文子さん、塩沢健さん
これまでの部会におけるご活躍に感謝いたします。

【議事】JAM電機部会第21回総会
-報告-
(1)2019年度活動報告
(2)2019年度一般会計・分担金会計・特別会計報告
(3)2019年度分担金会計・特別会計 監査報告
-議案-
(1)2020年度活動方針・活動計画に関する件
(2)2020年度予算に関する件
(3)役員交代に関する件
(4)表彰に関する件

【議事】JAM電機部会労使会議第20回総会
-報告-
(1)2019年度活動報告
-議案-
(1)2020年度活動方針・活動計画に関する件
(2)役員交代に関する件


(記:事務局長 八木佳紀)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA