2018年度活動を振り返る-第3回労使幹事会(2018.9.5)

 2018年9月5日(水)東京・友愛会館にて、2018年度第3回労組三役会議(8名/9名)・労使幹事会(労側8名/9名、使側5名/9名)・労組幹事会(13名/18名)・使側情報交換会(5名/9名)を開催しました。台風21号の影響が残る中、参加されました。会の冒頭、代表幹事からご挨拶がありました。
・大川労側代表幹事
「JAMは田中ひさやの取り組みを展開しており、各組織では政策実現活動を行う理由を話してまわっている。会社の代表者の皆さまがいらっしゃるが、先頭に立ってという訳ではないが、この労働組合の活動にご理解を賜りたい。」
・加藤使側代表幹事
「昨日は台風の接近により午前中のみの業務となった。日中に名古屋に台風が来るのは久しぶりであり、改めて怖さを感じた。会社としての被害はないのが幸いで阿多。家では、保育園が休みになった子どもが、パワーを持て余しているため銭湯に行ったが、人が多かった。停電の影響と思われる。皆様のご無事を祈りたい。」

 報告議案では、第2階労使研修会について振返りました。「モノサシがない日本の労働市場 -公正な労働取引の理論-」をテーマに掲げた講演会について、講演後のアンケートでは「人材マネジメントの基礎的な理論を楽しく学ぶことができた」、「人事制度は一貫性が大事」、「非常に難しい内容であると思う。こういった内容こそ横の情報交換が有効だと思う。」などの意見が寄せられました。今後の研修会で取り上げたいテーマとして、「今回のテーマの再講演」、「衡平理論」があがっており、これら内容での実現性について検討していくこととしました。

<第3回労使幹事会議案>
1.報告事項
(1)第2回労使研修会
(2)JAM電機部会新加盟単組
2.協議事項
(1)第20回総会、第19回労使会議総会に向けて
(2)2019年度役員体制について
(3)2019年度第1回三役・幹事会、労使幹事会について

<今後の会議予定>
●JAM電機部会第20回総会・労使会議第19回総会
 ・日時 2018年10月28日(日)13:00 ~ 29日(月)12:00
 ・会場 TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー
 ※29日はCKD株式会社様の事業所見学の予定です。

2018年度第2回西日本エリア会議

2018年3月29日 島津労働組合会館SUN21(株式会社島津製作所)にて、第2回西日本エリア会議を開催いたしました。  春闘中で年度末の月末と言う大変、多忙な時期にもかかわらず、10単組、18名(OB含む)の多くの方に御参加いただき、ショールームの見学、春闘状況報告を行いました。  今回場所の提供を快く承諾していただきました、島津労働組合様、ありがとうございました。

 

まず最初に、島津製作所様のショールームを見学させて頂きました。 説明では、社員も知らないような多彩な製品があり、新製品から140年の歴史が感じ取れる製品まで、御説明いただき、主要製品のデモンストレーションも実施いただきました。

今回の会議場所である、島津労働組合会館SUN21は、1996年に労働組合50周年記念事業で建てられ、20年が過ぎ大幅修繕工事が実施され、外壁、防水工事、空調関係、バーベQ設備などが一新されました。

春闘状況報告では、各単組から、それぞれの状況報告をしていただき、最後にまとめて質問を受け付け、その質問に対して話し合いを実施いたしました。今回の質問では、育児休暇手当てについて、ベアUPの要因についてなどの質問について確認し共有を図りました。

今回の西日本エリア会議では、OBや電機部会でない単組の参加があり、会議後の懇親会(島津共済会館)・交流会(二キ会)で大変盛り上がり、西日本エリアの結束を図れた有意義な会議開催だったと思います。

 

 

 

2018年度第2回東日本エリア会議

2018年4月8日、宇都宮リッチモンドホテルAnnex会議室にて、第2回東日本エリア会議を開催しました。

13単組14名の方にご参加いただき、春闘状況報告、およびテーマ別ディスカッションを行いました。

春闘状況としては、今回参加した単組においては交渉はほぼ終了しているものの、回答指定日に回答を受け取らず、交渉を継続した単組がいくつか見受けられました。世間では過去最高益を達成する企業がある反面、事業状況が厳しい企業もまだ多く存在しています。また、働き方改革関連の取り組みも様々な形で進んでいることも確認できました。他社事例が参考になった単組も多かったかと思います。

テーマ別ディスカッションでは、契約社員の無期化、寒冷地手当、労災防止策、振替休日、出張時の時間管理など、各単組で課題になっている案件について、各単組での事例を提示いただくことで、解決に向けたヒントを得ることができたのではないかと思います。

余談ですが、宇都宮と言えば餃子ですが、餃子の年間支出額という指標で、ここ数年宇都宮市は浜松市に負けていたらしく、4年振りの日本一奪還が話題になっていました 。たかが餃子、されど餃子、負けられない闘いのようです。

2018年度第1回東日本エリア会議

2017年12月10日にハーネル仙台の会議室にて、第1回東日本エリア会議を開催しました。
12単組12名の皆さんにご参加いただき、様々な課題や疑問について議論を行いました。

単組報告での特徴としては、今期の会社業績について、業界によっては下火に向かっているところもあるものの、世間の動向と同様に増収増益となっている企業が多い状況でした。
また、働き方改革に取り組んでいる労使も多く、時間外勤務削減や在宅勤務制度の導入などを進めていました。

テーマ別ディスカッションでは、「残業削減、有休取得促進の取り組み」、「積立休暇制度」、「若手離職者の対策」、「評価制度(成果主義)」、「単組組織拡大(シニア・契約社員)」、「海外赴任組合員への対応」などについて、各単組の状況を紹介し合い、自単組の取り組みへのヒントを得ることができました。
例えば、有給休暇について、フロア全体の一斉有休取得日を設定するなど、新しい取り組みをされている労使や役割成果主義の人事制度を取り入れたものの、昇格が減ったり、自身を守るために技能伝承が滞ったりと様々な問題が発生している事例などが紹介されました。

恒例となりましたが、会議の後、仙台といえば「牛たん」ということで、忘年会を兼ねて牛たん祭りを実施しました。
※またしても会議風景撮影を失念してしまい、牛たん祭りのみの画像です。本当にすみません。