2019年度第1回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は、1月20日(日)に新たに交代された役員も加わり、11単組15名が参加し、2019年度第1回目の会議を名古屋市内で開催した。冒頭の挨拶で八木事務局長は、「春闘での使側の考え方が変わってきている。ここ数年、官製春闘と言われ政府主導としてきたが、今回、経団連会長は、賃上げはきちんと労使の決定でやるべきと明確に打ち出してきている。人手不足は進み、有効求人倍率は1.5倍を超え、中小企業がこの春闘で賃金をきちんと確立していかなくては、日本の物づくりが危ないのではないかと感じる」と強調した。
企業・単組状況報告では、出席の11単組より報告があり、今期はまだ好調を維持しているが、米中貿易摩擦等の影響も出てきており、来期の見通しは不透明との見解が相次ぎ、明らかに潮目は変わっているとの判断をしていた。また、各組織の課題や、昨年の秋闘結果、今春闘要求に関する意見交換では、家族手当の見直し、男女間の賃金格差是正、60歳以降の賃金ベースなど、問題点への対応や取り組み報告がされた。今春闘では、出席の全単組はベースアップ要求をしていく方向だが、考え方や具体的数字に関しては、独自性をもって取り組みを行っていくとのこと。
会議後には懇親会を行い、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。

2019年度第1回西日本エリア会議

2018年12月12日(水)にテラサキ電気産業株式会社様でJAM電気部会2019年度第1回西日本エリア会議を開催いたしました。当日は、雨も上がり、日差しも覗いていましたが、気温は低く、少し肌寒く感じる中、8単組12名の方に参加いただき、食堂見学、昼食会、工場見学、働き方改革関連法に関する各単組の取組進捗報告ならびに意見交換会を実施いたしました。12月の非常に忙しい折にもかかわらず、テラサキ電気産業株式会社様、テラサキ電気労働組合様には、御協力頂き、ありがとうございました。

食堂見学、昼食会では、2016年に新設された食堂にて昼食を頂きました。食堂は、明るく清潔感が有り、3色の椅子が規則正しく配列され、リラックスできる空間でした。3種類の定食は事前予約制を行っており、新鮮で、ロス無くおいしい食事をしていただく為の、システムで運用他にも、カレーや、麺類、(予約不要)なども有りました。さば定食を頂いた感想は、切り身が大きいこと、とてもやわらかく、温かくおいしかったです。

工場見学では、大型MCCB(ブレーカ)の組立ラインと、ブレーカの部品工場を見学いたしました。加美工場は、2016年に本社棟を新設されMCCB(ブレーカ)や船舶用配電制御システム等を製作されております。工場の外観は、歴史有る平屋づくりの工場でしたが、工場内の温度管理等、職場環境は改善されていると感じました。1台200Kg~300Kgある超大型MCCB(ブレーカ)には驚きました。又、銅ブスバー、樹脂成型、板金、メッキにいたるまで、部品の内製化にも驚かされました。

働き方改革関連法に関する各単組の取組進捗報告ならびに意見交換会では、事前に各単組より取組進捗内容データを送ってもらい会議室に投影して、発表していただきました。残業時間の上限規制(第36条)の取組については、3労組より発表。 年5日の年次有給休暇取得義務については、6労組 他、配偶者、海外転勤者、不妊治療、育児休業、育児時短、他などに関する活発な意見交換を行い、共有を図ることが出来ました。  会議の後、懇親会、交流会を開催し、西日本エリアの結束を図れた、有意義な会議開催でありました。