2018年度第2回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は、5月11日(金)に10単組13名が参加し、2018年度第2回目の会議を名古屋市内で開催した。冒頭の挨拶で八木事務局長は、「春闘は、賃上げ平均額が2015年に次いで2番目に高い数字となっている。特徴としては、300人未満の組織が全体平均より40円程上回っており、中小組織の取り組みが目立っている。また、政府の動向もあり、定昇を含めキッチリ3%で妥結している組織が散見されており、政府の考え方などの雰囲気が漂っている」と述べた。また、来年の参議院選挙にも触れ「田中ひさや氏の支持政党はまだ決まっていない。連合の動きを見ながら決めていくが、我々としては、組合員と田中ひさや氏の距離を縮めていくことが重要」と強調した。
企業・単組状況報告では、出席の10単組より報告があり、昨年末からこの春にかけての決算期では、7割の単組が、過去最高益や好調との報告を会社より受けているとの話があった。好調さに付随して、春闘の賃上げや一時金の月数も増加傾向にあり、企業業績の好調さが伺えた。また、家族手当から子ども手当への見直しを図っている単組も散見され、労働諸条件などの情報交換も積極的に行われた。
会議後には懇親会を行い、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA